ゑ川 史子(えがわ・ふみこ) Fumiko Egawa

幼少よりピアノに親しむ。武蔵野音楽大学卒業。在学中より、ジャンル問わずの演奏活動をはじめる。舞踊家・彫刻家・俳優等アーティストとの舞台作りも多数行う。こどもたちのための演奏活動には特に力を注いでおり、公共施設、子育て支援団体等に招かれ公演や指導を行っている。持ち前の笑顔と明るい空気感は多くの人に親しまれ、世代を超えたファンや、アーティスト・共演者からの評価を得ている。

現在、コンサート、ライブ、レコーディング、伴奏等の演奏活動を行うほか、首都圏各所にて、ピアノ・ソルフェージュ指導を行う。音楽ワークショップファシリテーター、絵本読み聞かせとうたの会の講師としても活動中。

サウンドステップ・ピアノスタジオ主宰。キッズかめめ音楽表現教室『りとぷれ』講師。中学・高校教諭免許(音楽)、保育士免許取得。PTNA演奏会員。PTNA指導者ライセンス初級・中級取得。カーザ・ダ・ムジカ音楽ワークショップリーダー育成プログラム修了。

師事しお世話になっている先生方:ピアノを井下洋子氏、小林仁氏、坂井玲子氏、ベルンハルト・パルツ氏に。児童心理学・発達心理学を星山麻木氏に。クラヴィコードをミケーレ・ベヌッツィ氏に。

そのほか2014年より、ヴォーカルユニット「ペンギンとシロクマ」にて活動。

主な活動履歴

2006年、全国私立保育園連盟総会/分科会「子どもと音」にて講座を持つ。
2008年より、演出家・石丸さち子氏率いる秩父市民ミュージカルピアニストを務める。
2011年「バッハの時代の音色にふれる」当時の複製楽器によるレクチャーコンサート
2012年より、0歳からのコンサート「ふーちゃんのファミリーふわふわコンサート(ふわコン)を企画、開催。
第7回西宮市新人演奏会「萌える音楽家たち」(1998年)
東人協人形劇メッセ’98「注文の多い音楽会」(1998年)
舞踊家・一鷲明伶氏、音楽家・高橋壌司氏らと音楽創造集団「アンクル・トムと娘さん」を結成、「まつり」公演(2001年)
アンクル・トムと娘さん「CONCERT」公演「ex-feeling performance」公演「ライブ・イン・聞修院」公演(2002年)
なぱふぇす2005 技思い・現れユニッ ト East’s「水と火と土」(2005年)。
秩父市民ミュージカル「赤鬼」(2008年)「花と嵐と女たち」(2009年)「ミュージカルに憧れて!」(2010年)「秩父より愛をこめて〜世界を愛する歌の花束」(2011年)「お世話になります!part.2」(2014年)
IN-project vol.1「命と祈りの120分」(2011年)
IN-project vol.2「呼吸と鼓動の120分」(2011年)「第4回西谷国登ソロリサイタル」(2012年)
NPO法人ワーカーズコープ主催ファミリーコンサートシリーズ「おやこでたのしむ母の日コンサート」(2012年)
「あわてんぼうのサンタクロース」(2013年)
「秋にありがとうコンサート」(2014年)
サウンドステップ主催「~ヴァイオリンとピアノでうたう秋咲きコンサート~Flowers」(2014年)