いま、静かにしかし着実に普及への歩みを進めつつあるフィギャーノート。(バリアフリーの楽譜)
その作譜研修を受講してきました。
安易に改変されたり悪意を持って使われないよう厳しく管理されていて、作譜中のPCの画像なども撮影不可。
使えるのはこの程度まで。

フィギャーノートの魅力は、すべての人が、辛い五線譜読みを飛び越してはじめから音楽を奏ではじめられる点にあります。譜読みのハードルがぐっと下がることで、自分で読める、自分で弾ける幸せを感じることができ、音楽をさらに身近に置くことが出来ます。

実際に私の生徒さんにも使いはじめてもらっていますが、講師に頼らず自分でどんどん弾いてくれて、とてもご機嫌にレッスンが進みます。

今後どんどんレッスンに取り入れて参りますので、ご興味ございましたらぜひお問い合わせください。
フィギャーノートに慣れてもっといろんなことが出来るようになったら、五線譜への移行体制も整っております。
特別支援が必要な方にはもちろん、音楽をもっと気軽に楽しみたい方、つい五線におじけづいてしまう方にも。