生徒さんの弾いてきてくれたマズルカ(一番有名なショパンのop7-1)
なんだかどうも、雰囲気が違う、、なんでだ、、、

このデクレッシェンドが、ヘンテコなのだ。
とても真面目に楽譜通り弾いてくれる生徒さんなので、このデクレッシェンドも楽譜に忠実にやってくれてて、、

絶対おかしいぞー、ということで、他の版をネットで確認。imslp さまさま。

やっぱりこのデクレッシェンド違うじゃん!
これってホントは、頭の音についてるアクセントじゃん!

確かにいっこめよりにこめが小さい、という意味「だけ」で言えばどちらでもいいのだけど、、
こりゃ全然違う音楽だ、、、

んもー
やっぱり楽譜って大切!と思ったのでした。